257520259 やらない理由じゃなくて、やる理由を探せ - サカスキ

無料記事

やらない理由じゃなくて、やる理由を探せ

こんにちは、RENです。

今回は

「やらない理由じゃなくて、やる理由を探せ」

というテーマで

記事を書いていきたいと思います。

 

突然ですが皆さん、筋トレ していますか?

 

筋トレをするメリットって

ただ筋肉が付く事だけでは無いんです!

もちろん、

スポーツ選手にとって体というものは資本であり、

必要不可欠なものである事は間違い無いです。

そのための身体造りとして筋トレは必要不可欠です。

ですがそれだけではなく、

筋トレをする事で

セロトニン と テストステロン

というホルモンが分泌されます。

「何それ?」

って思った人が大半だと思うので

軽く説明すると、

 

セロトニン には

感情や気分のコントロール、精神を安定させる作用があります。

つまりは精神を安定させ

自己肯定感を高めてくれるという事です。

 

 

次に、テストステロン には

健康な体を維持し、

やる気や闘争心の向上を

促す作用があると言われています。

そして、

米国にあるケンブリッジ大学の研究では

金融関係のトレーダーは

テストステロンの

濃度が高ければ高いほど

好成績をあげている。

という報告がされています。

 

つまりは

テストステロンの分泌により

集中力自信

高まるという事です。

 

 

この2つのホルモンの作用は

スポーツ選手のみならず

何かを成し遂げたい人であれば

効果を感じる事ができると思いますし、

あって損はしないし、むしろ必要な物だと思うので

筋トレは全ての人にオススメです。

 

でも筋トレってめんどくさいですよね?

 

 

僕は高校時代サッカーをしていてたくさんの選手を見てきました。

大半の選手が1度は本格的に筋トレを始めるものの

3日くらい経つと、

もうしなくなってしまう。

という現状をたくさん見てきました。

 

筋トレをやめていくほとんどの人が、

「筋トレすると体が重くなって動けなくなるらしいよ」

「上半身の筋肉なんかいらないでしょ」

みたいな理由を付けて辞めていくのですが、

果たしてそれは、

本当に筋トレを辞める理由になっているのでしょうか??

 

誰もがはじめは

何らかの挫折や体験をして

筋トレが必要だと思って

自分の意志で筋トレをはじめているのだと思います。

それなのに、

簡単に辞めてしまう。

しかも、

めんどくさいから辞めた。

という理由で片付けるのではなく

正当な理由を付けようとして

自分を正当化してやめていきます。

 

そういった人たちには

きっと筋トレがめんどくさいと思う様々な要因が

あったのだと思います。

 

例えば、

練習の後居残りをしたり、いつもより早く来たりする労力がめんどくさい。

プロテインをシェイカーに入れて持ってきて、持って帰って、洗って、乾かして、粉を入れて持ってくるのもめんどくさい。

 

この通り、

考えれば考えるほど「やらない理由」ってのは思いつきます。

 

 

ですが、

そういった状況になった時、

やらない理由を探すのではなく

いかにして

やる理由を探せるかが

継続するためのコツだと思います。

 

筋トレをしたほうがいいって事は

わかって筋トレをはじめているのと思うので

いかにしてそれを継続するかを考え

続ける理由を探していってほしいと思います。

 

 

つまりは、考え方次第でどうにでもなる事だし、

考え方を変えるだけで、今までできなかった事ができるようになるんです。

 

これって、置かれている環境や周りの意見なんて関係なくて

自分のマインド次第で良くする事ができるんです。

 

なので是非、活用していってほしいなと思います。

 

また今回は「筋トレ」について話ししましたが、

他のことにも代用して考える事ができると思うので

この記事を見て、少しでも心当たりがある人は

 

今からでも考え方を変えて、行動を変えていってほしいと思います。

なので、これからは、

ブレーキを踏むのではなくアクセルを踏んでいきましょう!!!!

 

 

 

 

 

-無料記事